ハウスの日記

動画師として活動中のハウスによるブログみたいなアレです。

「あねどきっ」の話

春休み最終日、ハウスです。

2日連続で更新してて「暇なの?」って感じですが、正直に言います。その通りです。

 

今日は昨日思い出した「ある漫画の話」をしたいと思います。

 

話題が尽きなかった冬アニメ

さて、みなさんはアニメとか漫画とか読みますか?

3月で今年の冬クールのアニメが完結しましたが、なかでもけものフレンズは特に大きな話題になりましたよね。

 1話時点では「これは伸びない」「1話の時点でキツイ」といった厳しいコメントが目立ちましたが、最終的には今期の覇権を握ったといっても過言ではない名作となりました。

 

 そしてジャンプ読者にはおなじみのNARUTO -ナルト-疾風伝」もこの3月で完結し、2002年の第1期からおよそ14年半の放送に幕が下りました。

 ちなみにNARUTOの続編「BORUTO」がこのまま4月から放送開始のようです。

 

 

いちご100%が復活

ジャンプ作品といえば、もうひとつ大きな話題になった作品がありますよね。

皆さんご存知、河下水希先生の人気作いちご100%の続編いちご100% EAST SIDE STORY」が4月発売のジャンプGIGAで連載開始というニュース。

 

昨日はその続編から1点のイラストが初公開となりました。

※「EAST SIDE STORY」とあるように、これはきっと東城目線のお話かな?

 

河下先生によると、他紙での連載もあるため、今回はページ数少なめの短期連載。

続編というよりは、いわゆる番外編のような位置づけだということです。

それにしても楽しみだよね。

 

 

で、この河下先生の話題でふと思い出したのが同作者の作品「あねどきっ」です。

僕はよくロリコンとか言われますが、むしろ姉属性、ウェルカムです。

 

隠れた名作

「あねどきっ」は7~8年くらい前にジャンプで連載されていた作品。あらすじはこんな感じ。

中学1年生の少年・落合洸太は、どこにでもいるような平凡な中学生。ある日、父親が長期出張に出ることとなり、一人暮らしを余儀なくされる羽目になる。そんな時、萩原なつきと名乗る見知らぬ美少女が現れ、いきなり押し掛けて強引に住み込むことになる。洸太はなつきを迷惑に思いながらも、無防備ななつきの色香にドギマギする日々を送る。———あねどきっ - Wikipedia

 超簡単に言うと、美少女JKが強引に中学生の男の子のうちへ押しかけてそこからドキドキの共同生活を送る...って感じです。

 

そしてあの河下先生ですから!

もちろん!

今回もありますよ!

 

 

 ・・・。

 

 

そう、パンチラね。いや分かってたか。

 

でもこれ、個人的には話もキャラもみんな良かったんだけど、3巻で終わっちゃうんですよ。 

当時の心境としては、まさに「SEKAI NO OWARI」といったところでしょうか。あまりにも早い終了で、ショックを受けたのを覚えています。

 

短い連載でしたが、今でも根強いファンが作品を支持しています。

今回の「いちご」の件でも「あねどきっの続編がほしい」という声をいくつも見かけました。あと初恋限定とかね。

 

なんでも続編をやればいいってもんじゃないし、あれはあれでいい終わり方だったと思います。

 

だけどぶっちゃけ......読みたいよね笑

 

そしてまさかの絶版

昨日友人と話していて今回の話を思い出したんですが、やっぱ久しぶりに作品に触れると読みたくなりますよね。

 

でも連載当時のジャンプは処分しちゃったし、あんなに良くても単行本は持ってない。

というのも当時小学生でしたから、中身がちょっとHだったりすると、友人にバレたときマズいわけです。それにお小遣いもなかったしね。

 

なので「せっかくだしこの機会に全巻買おう!」って某密林へ向かったわけですが...甘かった。

実はもう"数年前に絶版した"らしく、新品はもうないということです。

 

中古ならあるけど、どうせ買うなら新品で綺麗なものを読みたいよね。

でもないものは仕方ないから、現代ならではの解決策でいくことにしました。

 

Kindle、キミに決めた。

 

地味にこれが電子書籍デビューのハウスでした。